更新日 2020年12月26日

【プレスリリース考察】風の教会が自由なホームパーティ式のプランを発表

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、12/17に出た「風の教会へ自由にゲストを招待して結婚を報告する「私たち結婚しましたプロジェクト」を開始」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社ナノ ヒューマン プロモーション
配信日時 2020年12月17日 11時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000069395.html
タイトル 風の教会へ自由にゲストを招待して結婚を報告する「私たち結婚しましたプロジェクト」を開始

ブライダルアライアンス事業を展開する株式会社ナノヒューマンプロモーションと六甲山で安藤忠雄氏設計の「風の教会」を運営する株式会社六甲スカイヴィラは、12月17日、風の教会のウェディングプランにおいて、ゲストを自由に招待して結婚を報告する「私たち結婚しましたプロジェクト」を開始することを発表いたします。

■「私たち結婚しましたプロジェクト」とは

「私たち結婚しましたプロジェクト」とは、結婚された(される)新郎新婦が風の教会を1 日貸し切り自由にゲストを招待する、ホームパーティ式のプランです。

コロナ禍で結婚式を諦めた新郎新婦様・結婚式を悩んでいる新郎新婦様に向けた応援プロジェクトとしてナノヒューマンプロモーションと六甲スカイヴィラの両社で立ち上げました。

従来の一堂に会しての挙式ではなく、一日の時間の中でゲストに分散してお越しいただくことで密を防ぎ、安藤忠雄氏の建築という特別な場所をゲストに堪能していただきながら、ゲストひとりひとりに結婚を報告する、特別な節目をお過ごしいただけます。

例えば、セルフ挙式をする、教会の様子をインスタライブで配信する、など、自由なスタイルを選択していただけます。衣装やスケジュール、装飾や料理などは、ナノヒューマンプロモーションのウェディングプロデュースブランド「CLEAR NODE(クリアノード)」のプランナーがともに考え、六甲スカイヴィラの運営するホテルやレストランなどと連携しながら準備いたします。

◆「私たち結婚しましたプロジェクト」紹介ページ
https://kazenokyoukai-wedding.com/news/584-20201213/

■プロジェクトの背景

コロナ禍において、結婚式を控えた新郎新婦は大きな決断を迫られました。延期するにも決行するにも大きな不安を抱え、また挙式自体を諦めた方も多くいらっしゃることと思います。

コロナ禍で近年注目を集めているのが自宅にゲストを迎える「自宅婚」です。しかし、自宅にお互いのゲストを迎えるのはハードルが高いと感じておられる方もいるのではないでしょうか。

そこで私たちは、風の教会を新郎新婦に1日自由にお使いいただき、ホームパーティのようにゲストをもてなし、お二人やご両親、お二人の大切な方々の節目と祝福をサポートすることを考えました。

結婚式は、単なるセレモニーではありません。新郎様の覚悟、新婦様の希望、親御様の寂しさや子供を思う気持ちなど、希望、感謝、整理、祝福、感傷などの様々な感情を分かち合う、大切な節目です。そのような大切な時間をお手伝いしたい、それが私たちの想いです。

■料金

平日プラン:330,000 円(税込)
土日祝日プラン:385,000 円(税込)

<プランに含まれるもの>

  • 教会使用料
  • ブライズルーム
  • ウェディングドレス・タキシード・小物含む
  • ヘアメイク・お着付け
  • プロフィールDVD
  • プロジェクターレンタル
  • フィンガーフード&ドリンク(感染症対策あり)/ 30名様分
  • ゲストへの手土産 / 30名様分

その他、ご要望に応じて用意したいものがあればご相談ください。

■先着モニター募集中!

現在、1月~3月の期間限定で、先着3組のみで、「私たち結婚しましたプロジェクト」のモニターを募集しています。ご検討の方はお早めにお問い合わせください。

<モニター価格>
平日プラン:198,000 円(税込)
土日祝日プラン:231,000 円(税込)

■「私たち結婚しましたプロジェクト」へのお問い合わせ

以下までお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム:https://kazenokyoukai-wedding.com/contact_us/
メールでのお問い合わせ:info@kazenokyoukai-wedding.com
お電話でのお問い合わせ:050-8880-9382(午前11時〜午後7時)

新型コロナウイルス感染拡大防止のためのガイドラインを設け、対策を徹底しております。ご見学・お打ち合わせの際には、マスクの着用等ご協力をお願いいたします。

◆新型コロナウイルス感染拡大防止対策とガイドライン

https://kazenokyoukai-wedding.com/counterplan_for_covid19/

■「風の教会」とは

水の教会(北海道)、光の教会(大阪)とあわせて安藤忠雄氏の「教会三部作」の一つであり、その中でも1986年に最初に手掛けた同氏初めての教会建築として知られています。現在は株式会社六甲スカイヴィラが運営。
半透過のガラス張りのコロネード、装飾的な要素の少ないコンクリート打ち放しの礼拝堂など、安藤氏作品の特徴ともいえる、素材を活かしたシンプルな建築が神聖な空間を創り出しています。
所在地:兵庫県神戸市灘区六甲山町西谷山1878-78

■CLEAR NODE(クリアノード)とは

CLEAR NODEは、関西を拠点として活動する、ナノヒューマンプロモーションのウェディングプロデュースブランドです。
経験豊富なウェディングプランナーが、おふたりの結婚式に対するご要望やイメージを伺い、カタチにし、準備はもちろん結婚式当日までをトータルサポートしています。

公式Webサイトhttps://clear-node.jp

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

風の教会が自由なホームパーティ式プランを発表のリリースについて考察

と、上記のようなプランの販売を開始します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

プランの概要と目的

風の教会の一日使用権+基本的なアイテムのパッケージプランになっていて、これを使って何をするかはお客様の自由(プロデュースはクリアノードのプランナーが担当)、簡単に書くとこんな内容のプランです。

多様化するニーズに対してそれにフィットする細分化された商品開発をするというよりは、コンセプトからコンテンツまでの自由設計を基本にしたプランだと言えます。

事業目線でいえばこのようなコンセプトのプランを販売することによる集客増が狙いでしょうが、このリリースの背景でも書かれているように、結婚式の意味とあり方について考えて考えて出てきた企画ではないかなと思います。

会場とプロデュース機能の分離は進むのか?

今回のプランでは特定にプロデュース(クリアノード)が入っていますが、会場は個人で抑えてプロデュースは自分たちで探して必要なら依頼する、というケースは今後増えていくと思っています。プロデュースチームなのかフリープランナーのように個人なのかはさておき。

このスタイルであれば、豪勢な式場を先に建設して必要な人員を採用して…、という売上が立つ前に莫大な初期投資が必要で参入リスクが超高いというブライダルのビジネス的な問題も解決できますし、独立したプランナーや小規模プロデュースサービスの人たちでも活躍しやすいと思うからです。

とはいえ、じゃあ2021年にすぐそうなるかというとそんなことはなく、まだ時間はかかると思うのですが、長期的にはこの流れは進むと思いますね。

 

風の教会が自由なホームパーティ式のプランを発表のリリースについてまとめ

自宅婚は少しずつ増えてきていると聞きます。そこから派生するとこういったサービスを提供する事業者も今後増えてくるのかもしれませんね。

この記事を書いた人

市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル3.0を実現する」をミッションに掲げ、ブライダル事業者向けマーケ支援、ブライダル特化の人材紹介、Leju(フリープランナープラットフォーム)を運営しています。マーケティング、事業企画が得意。

CATEGORY同じカテゴリーの記事