更新日 2021年01月31日

【プレスリリース考察】北野クラブアネックスがテイクアウト販売スタート

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、1/25に出た「地元神戸の生産者の方々が魂を込めて育てた食材で、贅沢なおうちごはんを演出『KITANO CLUB ANNEX』人気メニューのテイクアウト販売スタート」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社クレ・ドゥ・レーブ
配信日時 2021年1月25日 15時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000027260.html
タイトル 地元神戸の生産者の方々が魂を込めて育てた食材で、贅沢なおうちごはんを演出『KITANO CLUB ANNEX』人気メニューのテイクアウト販売スタート

神戸・大阪でレストランやウェディング施設等を展開する株式会社クレ・ドゥ・レーブは、神戸市中央区にて運営する「KITANO CLUB ANNEX(北野クラブアネックス)」にて、緊急事態宣言下で外食を自粛されている方に向けてテイクアウトメニューを1月24日(日)より2月28日(日)まで期間限定にて販売します。日頃ご利用頂く皆様や地域の方々に、自粛期間中にご自宅でもお店の味をお楽しみ頂ける料理を提供します。

北野クラブアネックスのお料理は“兵庫県の食材を使用した地産地消”。淡路島からも近く、山と海の自然に恵まれた環境ならではの新鮮な魚介や肉、契約農家の野菜やキノコ、オリジナルのパスタなどの食材を“イタリアの郷土色を交えながら現代風に仕立てる”というモダンスタイルのイタリアンです。今回はご家庭で楽しむモダンイタリアンのメニューを、期間限定でテイクアウトにて販売します。

  • 商品詳細

■「地元野菜のバーニャカウダ」 ¥2,500(税抜)
レストランやウェディングのコースメニューで人気の「バーニャカウダ」。これは、3時間かけて淡路産の玉ねぎなどの食材をローストし、濃厚なバーニャカウダソースに仕上げています。料理長が選んだ「地元野菜」をこのソースにつけてお召し上がり頂けます。

■「トリュフご飯を詰めた淡路鶏のローストチキン」 ¥3,800(税抜)
またクリスマス期間中に好評だったローストチキンをアレンジした『トリュフご飯を詰めた淡路鶏のローストチキン』も発売致します。 淡路島で育まれた淡路鶏は、弾力や厚みがしっかりとあり、まったく臭みのない鶏肉です。一晩マリネした鶏肉に、トリュフペーストで炊き上げた兵庫県産のコシヒカリを入れ、低温でじっくりと温め、余分な脂を落とします。最後に200℃で焼き上げたローストチキンはジューシーで本格的な味をご家庭で楽しんで頂ける一品です。

  • 企画がスタートした背景について

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、レストランや結婚式場と取引する八百屋店や生産者の「売り上げが厳しい」という声を聞き、食材を仕入れすることで少しでも応援したい。また外出自粛を余儀なくされている方に向けて、食事を通して楽しい時間を過ごして欲しい。という料理長の想いからスタート。長引くコロナ禍で身近な地域の皆様に向けて美味しい食事で笑顔を生み出す商品が生まれました。私たちから生み出される想いの詰まった商品や企画によって、笑顔になる時間を提供できるよう、今後も地域の方々に向けた支援やプロジェクトを発信してまいります。

  • 《販売概要》

■販売期間:1月24日(日)~2月28日(日)(予定)
※ご予約は希望日の前日17:00までに電話(078-222-5506)または予約専用URLより受付。
希望日の12時〜17時の間にお渡し可能
■予約専用URL: https://www.kitanoclubannex.com/restaurant/plan/plan26.php

  • 「KITANO CLUB ANNEX」料理長 紹介

《素晴らしい地の食材を モダンイタリアンの技で美味しく提供します》

神戸・北野は、北側に六甲山系の山々、南側には神戸港から大阪湾が広がり、瀬戸内海最大の美しい島・淡路島も近く、山と海の豊かな自然に挟まれた素晴らしいロケーションにあります。このような土地柄から私たちのキッチンには毎朝素晴らしい食材が届けられます。神戸市西区の新鮮な野菜に六甲のキノコ、淡路や瀬戸内海の身の締まった魚介、香りのよい神戸ポークや淡路鶏、丹波地鶏たち・・・

私たちはそうした素晴らしい食材を、「イタリアの郷土色を交えながら現代風に仕立てる」というコンセプトの基に調理していきます。コロナ禍で疲れた日本をまずは身近な地域住民の方々に、おいしい食事で贅沢なおうち時間を楽しんで頂けたらと思います。

北野クラブ アネックス料理長 下枝 正樹

  • 「KITANO CLUB ANNEX」基本情報

伝統に磨かれた「北野クラブ」の“おもてなしの心”を継承した上で、モダンに昇華させ、2020年「HOTEL KITANO CLUB」よりリブランドオープン。神戸を一望する素晴らしい眺めとともに、山と海の自然に恵まれた神戸ならではの地産地消を活かした本場さながらのイタリアンを提供。

事業内容       レストラン・ウェディング・イベント・パーティ
所在地      〒 650 0002 神戸市中央区北野町 1-5-10
アクセス     各線 三宮駅より 車で 5 分、新幹線・地下鉄 「新神戸駅」より徒歩 8 分・車で 5 分
TEL        078-222-5133 (ブライダル 078 222 5506 (レストラン・宴会
FAX        078-341-1193
公式サイト    https://www.kitanoclubannex.com/

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

北野クラブアネックスがテイクアウト販売スタートのリリースについて考察

と、上記のようなテイクアウト販売をスタートします、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

テイクアウト販売の概要と目的

リリースを見る限り、普段レストランで提供している商品をテイクアウト用に再構築して販売を開始した、という内容かなと思います。
目的はレストランの販路を増やして売上を担保するというのもあるでしょうし、その先にいる食材や飲料などの仕入れ先業者の仕事や売上を少しでも確保すること、だと思います。というかそう書いてますしね。

結婚式場の地域密着の考え方

大手企業を除き、地方で運営している結婚式場だとその地域の様々な業者との付き合いも多いはずです。特にウェディング事業を主な収益源としている取引先であればこの1年は結婚式場と同様にかなり厳しい業績となっているところも多いでしょう。業績不振は連鎖していきます。

日頃の商品を結婚式特化にして提供している場合、いきなり一般消費者向けに商品開発をし直したり販路を開拓するのは並大抵のことではありません。そんな中で今回のように結婚式場が新しい取り組みを行うことって自社に対してだけではなく同じ地域の取引先企業との関係性という点でもとても意味があると思うんですよね。

結婚式を行う場としての結婚式場ですが、結婚式場にあるリソースだけでは結婚式は成り立ちません。なので、こういった視点を持つ企業が少しでも増えてくるといいなと思います。

 

北野クラブアネックスがテイクアウト販売スタートのリリースについてまとめ

エリアが違うので直接買いに行けないのが残念ですが、少しでも応援したいなーと思ってます。

この記事を書いた人

市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル3.0を実現する」をミッションに掲げ、ブライダル事業者向けマーケ支援、ブライダル特化の人材紹介、Leju(フリープランナープラットフォーム)を運営しています。マーケティング、事業企画が得意。

CATEGORY同じカテゴリーの記事