更新日 2021年06月21日

【プレスリリース考察】プラコレが花嫁インフルエンサー育成プロジェクトを発表

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、6/8に出た「花嫁インフルエンサー育成プロジェクト!全国の結婚式場と『美花嫁図鑑 fanry byプラコレ』がコラボ決定!花嫁の新たなトレンドとは?」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社プラコレ
配信日時 2021年6月8日 12時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000119.000021126.html
タイトル 花嫁インフルエンサー育成プロジェクト!全国の結婚式場と『美花嫁図鑑 fanry byプラコレ』がコラボ決定!花嫁の新たなトレンドとは?

花嫁アプリ「PLACOLE & DRESSY」を運営する、冒険社プラコレは、全国の結婚式場と『美花嫁図鑑 fanry byプラコレ』がコラボ決定し、新たなキャンペーンを実施すると共に、花嫁登録数が3000名を突破したことを発表させていただきます。

  • 令和時代、ウェディング業界のトレンドとは?

美花嫁図鑑farny byプラコレは、お洒落で可愛いウェディングレポが満載の花嫁さんが自分でつくるソーシャルメディア。全国3000組以上のプレ花嫁さん、卒花さんが登録し、ご自身のウェディングレポートを、 ご自身でブログのように配信しているwebサービスです。毎月100記事以上の結婚式レポートを花嫁さん自身で入稿しており、そんな実際の花嫁のレポート記事を次のプレ花嫁と呼ばれる結婚式前の女性が読むことで、結婚式場やウェディングプランナーなどの認知に繋がっています。リピートがないと言われている、結婚式場の新たな集客方法として、「結婚式をあげた花嫁さんから集客」することが令和のウェディング業界のトレンドとなっています。

  • 美花嫁図鑑 × 全国の結婚式場とタイアップが決定!

今回プラコレでは、美花嫁図鑑と全国の結婚式場のタイアップが決定。
美花嫁図鑑のwebサービス内で各結婚式場のアカウントを開設し、その結婚式場であげた花嫁さんに結婚式の思い出を残してもらったり、卒花へ特別取材を実施することで結婚式の実際のレポートや花嫁の結婚式に対する思いを記録。そんな実際のレポート記事を通して、これから結婚式を迎えるプレ花嫁に結婚式の魅力をより深い部分まで知っていただき、その上でそれぞれの理想の結婚式を見つけてもらいたいと思い、今回のタイアップを実施しました。

全国の結婚式場様へ美花嫁図鑑アカウントプラン

①アカウント開設! アカウントページには公式サイト、フェアページ、Instagramアカウントなど全4つURLリンクを掲載可能。
②毎月花嫁へ取材! 毎月2本、結婚式場の卒花の単独取材記事を編集部にてて制作/公開いたします。
③記事の配信し放題! 御社にアカウントを付与。契約期間中、記事の投稿し放題。認知、口コミ対策、集客効果も!

興味のある方は以下へご連絡お願いします。1営業日でお返事させていただきます。
連絡先:info@pla-cole.co (担当 守谷)

  • 実際にレポを発信する花嫁へ、ジューンブライドキャンペーンをスタート!

そんな中、ジューンブライドである6月は花嫁さん向けにキャンペーンを実施することが決定。
実際にご自身の結婚式レポートを残してくださる花嫁さんに、抽選で1万円の一休クーポンをキャンペーンをプレゼント。ぜひこの機会に、美花嫁図鑑に花嫁として登録・レポートを発信して、未来の花嫁さんにレポを残しませんか?※一休クーポン「一休.com 」で使えるクーポン。全国の宿泊、レストラン、スパ等で使用することが可能です。

【美花嫁図鑑】https://www.farny.jp/
【花嫁登録】https://page.line.me/uke0693t?openQrModal=true

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

プラコレが花嫁インフルエンサー育成プロジェクトを発表のリリースについて考察

と、上記のようなプロジェクトをスタートします、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

プロジェクトの概要と目的

プレ花/卒花メディアのfarnyから結婚式場への予約の導線を設置する、farnyへの誘導を強化するためにインフルエンサーとして育成する、そうするとプレ花/卒花のインフルエンサーが次のプレ花を呼び込み、式場に送客することができ、そのフィーの一部を還元することができる、こんな仕組みじゃないかなと思います。

現在のfarnyはAdsenseなどの広告がマネタイズだと思いますが、直接送客モデルをつくることで事業としての拡大を狙っているのではないかなと思います。

プレ花/卒花はこれからの集客チャネルの1つとなるのか

作られた情報を公開するメディアよりも実際に体験した人のリアルな声をもとに検討したい、こういうニーズは以前からあります。比較サイトから口コミサイトに変化し、口コミサイトもハックされてほんとの口コミが見られないので今度はリアルな人のSNSを参考にする(今はココ)、このように変化してきています。

こういった流れを背景に、メディア側の各社はプレ花や卒花の囲い込みに注力しており、卒花レポといったコンテンツを大量に作成し始めています。おそらく今後の集客チャネル(メディア目線では事業)の1つとなると見込んでいるのでしょう。

個人的にはこれまで以上に強い集客力を持つことになるとは思っていますが、事業として運営するのはハードルが高そうだなと思っています。というのも情報コントロールが難しいのと、マネタイズをしようとするとどうしても情報に偏りが出てくるからです。

今回のプラコレのリリースやウェディングニュースの取り組みなどは見ていますが、これからどうやって伸ばしていくのかなぁというのは気になるところです。今はまずコンテンツの確保、といったところでしょう。

 

プラコレが花嫁インフルエンサー育成プロジェクトを発表のリリースについてまとめ

なんやかんや書きましたが、面白い取り組みですよね。今後に期待です。

この記事を書いた人

市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル3.0を実現する」をミッションに掲げ、ブライダル事業者向けマーケ支援、ブライダル特化の人材紹介、Leju(フリープランナープラットフォーム)を運営しています。マーケティング、事業企画が得意。

CATEGORY同じカテゴリーの記事