更新日 2021年07月05日

【プレスリリース考察】プラコレがTikTokチャンネルを開設

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、6/27に出た「【新感覚の結婚式場探し】1万組以上の新郎新婦が登録したプラコレウェディングが厳選した紹介動画を、TikTokにてお届け決定!」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 冒険社プラコレ
配信日時 2021年6月27日 12時10分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000121.000021126.html
タイトル 【新感覚の結婚式場探し】1万組以上の新郎新婦が登録したプラコレウェディングが厳選した紹介動画を、TikTokにてお届け決定!

花嫁アプリ「PLACOLE & DRESSY」を運営する、冒険社プラコレは、提携する国内外1000施設以上の結婚式場から動画をお届けするTikTokチャンネルを開設したことをお知らせいたします。

  • 1万組以上の新郎新婦が登録したプラコレウェディングが、結婚式情報を動画でお届け。

2015年12月よりサービスをスタートしたプラコレウェディングは、現在に至るまで1万組以上の新郎新婦が登録し、多くの花嫁のお手伝いをしてまいりました。
そんなプラコレウェディングがこの度、「新感覚の結婚式場探し」を提案。コロナ禍で、直接結婚式場への見学が難しいおふたりにも、結婚準備を進めていただけるようなコンテンツをスタートさせます。プラコレウェディングが提携する国内外1000施設以上の結婚式場/ホテルの中から、プラコレウェディングスタッフが厳選するウェディング施設の紹介動画をTikTokにて配信。雑誌に出てくるような作られた宣材写真ではなく、実際にプラコレスタッフがお伺いしたリアルな結婚式場の様子をご紹介させていただきます。

TikTok:https://vt.tiktok.com/ZSJX5MGxo/

  • チャットサービスで、コロナ禍における「結婚式の悩み」を相談する花嫁が増加!

新型コロナウイルスが影響で、多くの方が外に出る回数が減少した一方で、外せず、全てをチャットで完結できるプラコレウェディングのチャットサービスは、前年比319%で利用者が増加し続けております。具体的には、カップルは式場検索ではなく、ウェディング診断からスタート。その診断結果をAIが分析し情報を配信、それに対するカップルの反応やアクションを学習し、最適化な情報を再配信します。また、AIでは解決できないお悩みは、全国在住のご当地アドバイザーや、2000名以上の結婚式場に所属をするウェディングプランナーに、直接チャットで質問や相談をすることが可能なサービスです。

現在、そんな新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ご結婚式の延期、中止をご決断された花嫁さまや、今後ご結婚式をしたいと考えながらもなかなか先が見えずご不安な思いをしている花嫁さまなど、花嫁であれば誰でも利用できる 無料チャットサービス「#おうちで花嫁チャット相談」を実施しております。そこでは「プロポーズをされたがどのように結婚準備を進めればいいいか分からない。」「結婚式場へ見学になかなか行きにくい」などこんな時期だからこそのお悩みを持たれる花嫁が多くいらっしゃいます。そこで、少しでもリアルな結婚式場の様子が花嫁の皆さまに伝わるよう、今回、結婚式場探しのTikTokを開設させていただきました。

  • PLACOLE & DRESSY │プラコレ& ドレシー とは

冒険社プラコレは2015年11月2日に会社設立し、2015年12月より「PLACOLE WEDDING」をスタート、ブライダル業界で初めて「チャットサービス」を開始し、現在では全国でサービスを展開。従来の結婚式場を検索するサービスとは一線を画し、プランナーさんとweb上でつながる「webチャットプラットフォーム」として、SNSや口コミを中心に広まり、2021年6月現在では、会員登録数が12万組を突破しました。
具体的には、カップルは式場検索ではなく、ウェディング診断からスタート。その診断結果をAIが分析し情報を配信、それに対するカップルの反応やアクションを学習し、最適化な情報を再配信します。また、AIでは解決できないお悩みは、全国在住のご当地アドバイザーや、2000名を超える結婚式場に所属をするウェディングプランナーに、直接チャットで質問や相談をすることが可能です。

チャットひとつで全ての悩みが解決できる「PLACOLE WEDDING」には、ご利用者様の50%が他媒体を利用せずPLACOLE WEDDINGのみ利用、また、NPS調査でも70%以上のユーザーが友人に勧めたいと回答いただきました。運営側が驚くほど、毎日たくさんの”ありがとう”の声を頂けるサービスになりました。
2021年6月現在、月間4000組以上のカップルが新規会員登録、合計2000名以上のウェディングプランナーが登録し、導入会場数は1120会場を越え、ブライダル業界初のチャットコミュニケーションメディアとして、独自の立ち位置を確立しています。公式運営するFacebook、Twitter、Instagramでは合計フォロワー数は51.08万人をを超えました。自社メディア『DRESSY』や『美花嫁図鑑farny』なども運営し、合計PV数は月間250万PVを突破! 高級ウェディングドレスが最大90%OFFで購入できる通販サイト”DRESSYONLINE”も展開しています。上記のサービスや、その他、結婚式にまつわる情報やサービスをまとめた花嫁アプリ「PLACOLE & DRESSY │プラコレ& ドレシー」は2021年6月時点で累計20万ダウンロードを突破しました。

また、「時間と場所の自由」を推進するべく2021年5月「Remorks(リモークス)」のサービスをスタート。新しい働き方として、『Remorks(リモークス)でつながり、全国どこでも働ける場所の自由を提案し、在宅やオフィス、様々な場所で働くハイブリッドワーク』を推進しています。

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

プラコレがTikTokチャンネルを開設のリリースについて考察

と、上記のようなチャンネルを開設します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

チャンネル開設の概要と目的

Tiktokのチャンネルを開設し、その中で式場を紹介することでプラコレ経由の送客を強化することが狙いでしょう。

Tiktokは今後使われる?

これまで対顧客の観点でTiktokを有効活用している事例を私は知らないですが、特に10代~20代前半の利用率は約5割近いというデータもあるので、あと4-5年すると主力媒体となるとなる可能性がありますね。5年前のInstagramがまさにそうだったように。

 

プラコレがTikTokチャンネルを開設のリリースについてまとめ

Tiktok使ったことないのでわからないんですが、どうなんでしょうね。仮に取り組むにしてももうわからないので、わかる人材の確保が争奪戦になりそうです。

この記事を書いた人

市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル3.0を実現する」をミッションに掲げ、ブライダル事業者向けマーケ支援、ブライダル特化の人材紹介、Leju(フリープランナープラットフォーム)を運営しています。マーケティング、事業企画が得意。

CATEGORY同じカテゴリーの記事