更新日 2021年01月25日

【プレスリリース考察】リクシィが結婚式に関する調査をリリース

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、1/14に出た「緊急事態宣言下、結婚式の延期中止に費用がかかる新郎新婦に対して「実施して良い」と考える人が70%以上!結婚式に関する調査リリースvol.9  ~友人の結婚式、延期中止に100万円かかるとしたら?~」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社リクシィ
配信日時 2021年1月14日 10時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000037.000027297.html
タイトル 緊急事態宣言下、結婚式の延期中止に費用がかかる新郎新婦に対して「実施して良い」と考える人が70%以上!
結婚式に関する調査リリースvol.9  ~友人の結婚式、延期中止に100万円かかるとしたら?~

花嫁の不安を“トキハナツ”式場選び「トキハナ」を運営する株式会社リクシィは、関東・近畿・中部エリアの23歳〜70歳男女250名(対象期間:2021年1月8日〜2021年1月13日)を対象に、2021年1月〜2月の結婚式に対する意識調査を行いました。

  • 調査結果サマリー

・延期中止に100万円かかると言われて結婚式の実施を悩んでいる友人に対し、「実施して良い」と回答したのは70.8%。
・「実施して良い」と思う理由としては「対策をすれば問題ないと感じるため(60.5%)」「キャンセル料がかかるため(44.6%)」「既に準備が進んでいるため(38.4%)」などが挙げられています。
・「やめるべき」と思う理由としては「感染リスクが高いため(83.6%)」「世間の目が気になるため(19.2%)」などが挙げられています。

  • 調査結果

・延期中止に100万円かかると言われて結婚式の実施を悩んでいる友人に対し、「実施して良い」と回答したのは70.8%にのぼっています。
内訳は「通常通り実施して良い」(16.4%)「規模を小さくしたら実施して良い」(54.4%)と、
小規模の結婚式に対しては、特に肯定的な意見がみられています。

なお親族の場合も、大差ない結果となっております(「実施して良い」と回答したのは69.5%)。また、地域別に見ると「実施して良い」と思う層が最も多いのは近畿地方で「通常通り実施して良い」(17.8%)、「規模を小さくしたら実施して良い」(64.5%)と回答しており
82.2%が結婚式の実施に肯定的であることが分かりました。

さらに、緊急事態宣言が発令された1都3県を都道府県別にみると全体的に肯定的な意見が多く、
東京都、千葉県においては約8割近くが「実施して良い」と回答していることが分かりました。

・実施して良いと思う理由としては「対策をすれば問題ないと感じるため(60.5%)」「キャンセル料がかかるため(44.6%)」「既に準備が進んでいるため(38.4%)」などが挙げられ、新型コロナウイルス対策をした上での実施であれば問題ないと考えている層が一定数いることが分かりました。

またその他の意見としては、「個人の自由であるため」「実施してもしなくても、問題は起こりうるから」「一度きりの事なので」「今しかできないことはやる」などが挙げられています。

・やめるべきだと思う理由としては「感染リスクが高いため(83.6%)」「世間の目が気になるため(19.2%)」などが挙げられています。

今回発出された緊急事態宣言の内容を読み解くと、飲食が提供される披露宴に列席することは「不要不急の外出には該当しない」と考えられます。

新型コロナウイルスへの感染リスクを考え「結婚式は控えるべきである」という意見もありますが、結婚式を実施するか否かを逡巡し、ようやく結婚式を目の前に迎えて実施を選択される方が非難されるべきではないでしょう。

リクシィはこの状況下で、結婚式開催を決めた方を応援していますし、本調査を通して、予定通り実施を決めた新郎新婦が少しでも結婚式をポジティブに考えられるきっかけになればと思っています。

1. 調査対象: 関東・近畿・中部地方在住の男女
2. 調査方法: インターネットリサーチ
3. 調査期間: 2021年1月8日〜2021年1月13日
4. 有効回答者数:250名
5. 回答者の属性:【性別】男性:50.8%、女性:49.2%
【年代】20代:21.2%、30代:21.2%、40代:20.6%、50代:17.7%、60歳以上:19.3%

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

リクシィが結婚式に関する調査をリリースについて考察

と、上記のような調査結果を公開しました、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

調査結果の概要

調査の詳細はリリース内に詳しく書かれているのでそちらをご覧ください。
簡単に概要をまとめると、結婚式の延期・中止に100万円かかる友人に対して、「実施して良い」と回答した人が70.8%いた、対策をすれば問題ないという意見が多かった、という内容です。

緊急事態宣言の中の結婚式

結婚式を予定していた新郎新婦にとって、この緊急事態宣言は、このまま予定通り実施していいものかと悩む材料の一つとなりました。親はともかく、中止しろと面と向かって言ってくるゲストはそういないからこそ悩むものです。

そんな新郎新婦にとって、このようなアンケート調査は、参考になる部分が多いと思います。
感染リスクが高いから中止してほしいという声がありながらも、過半数の人が対策をすれば問題ないという声ですし、全体の7割の人が実施していいという調査結果であれば、中止・延期せず行おう、と一歩踏み出せそうですよね。

 

リクシィが結婚式に関する調査をリリースについてまとめ

延期・中止に100万円という高額な金額だったので、実施していいという声が約7割でしたが、これが30万円となった場合、実施、中止の割合は大きく変化するのではないかと思います。
結婚式の実施は、主役である新郎新婦が決めることで、ゲストはそれに対して、参加したいならする、参加したくないならしない、それだけのことだと思います。

この記事を書いた人

SakaiAyana

ブライダル専門キャリアアドバイザー。大学卒業後大手ブライダル企業に入社し、一貫担当制ウェディングプランナーを経験。その後ブライダル系専門学校でクラス担任、イベントの企画運営を経験。

CATEGORY同じカテゴリーの記事