更新日 2021年05月28日

【プレスリリース考察】「スマ婚」が少人数結婚式の新プランを提供開始

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、5/20に出た「結婚式プロデュースサービスの「スマ婚」が、少人数結婚式の多様なニーズに対応する新プランを提供開始」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 タメニー株式会社
配信日時 2021年5月20日 15時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000500.000006313.html
タイトル 結婚式プロデュースサービスの「スマ婚」が、少人数結婚式の多様なニーズに対応する新プランを提供開始

タメニー株式会社は、5月20日(木)より、結婚式プロデュースサービスの「スマ婚」(https://smakon.jp/)において、少人数結婚式の新プランを提供開始いたしましたのでお知らせいたします。

■新プラン提供開始の背景
公益社団法人日本ブライダル文化振興協会の調査によると、2020年度において、新型コロナウイルス感染症の影響により、約28万組の新郎新婦様が、結婚式を中止・延期・規模縮小したといった影響があった、と推計されています。

また、先般当社にて実施した結婚式に関する調査(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000494.000006313.html)では、家族での結婚式や少人数婚、フォトウェディングを希望すると答えた方の割合が、披露宴を希望する方の割合を上回るという結果となっております。その調査における定性コメントからも、従来の「たくさんのゲストを招待し、挙式+披露宴を実施する」という形式から、「本当に大切なひとに感謝を伝えるための小規模な結婚式を実施する」という形式に、新郎新婦様のニーズが移り変わってきていることがうかがえました。

そのニーズを象徴するかのように、当社におきましても、少人数結婚式「スマ婚 少人数挙式」の挙式実施組数が2019年度の182件→2020年度252件、フォトウェディング「studio LUMINOUS」における撮影組数が2019年度の511件→2020年度1,651件と大幅に増加しております。

こういった背景や、「少人数で挙式のみを実施する場合、ゲストとのコミュニケーションの機会がどうしても少なくなってしまうが、せっかく来てくれたゲストになにかの形でおもてなしをしたい」というお客様の声を踏まえ、当社では、「スマ婚 少人数挙式」で従来のサービスに加え、より「おもてなし」や「自分らしさ」が表現でき、ゲストとのコミュニケーションの機会を増やすことができる3つの新プランをご用意しました。

■新プラン概要
・少人数挙式&お土産
披露宴の引出物のように、ゲストへの感謝の気持ちを込めたお土産をセットにしたプラン。
式を挙げたホテルのオリジナルフードをはじめとした多彩な商品をゲストにお持ち帰りいただけます。

・少人数挙式&セレブレーションアワー
挙式後、会食ではなくカジュアルなドリンクと軽食でゲストをおもてなしするプラン。
短い時間ですが、歓談したり写真を撮ったりとゲストとの絆を深めることができます。

・ガーデンウェディング
屋内での結婚式に不安がある、という方向けに、屋外の会場で少人数のアットホームなパーティーを実施するプラン。
ゲストハウスでのウェディングよりも開放的かつフォトジェニックなスペースで、挙式からパーティーまでを自分たちらしくコーディネートできます。

■今後の展望
「スマ婚」をはじめとする当社のカジュアルウェディング領域では、今般の新プラン以外にも、「スマ婚 少人数挙式」と「studio LUMINOUS」でのフォトウェディングがセットになったプラン、写真だけでなくハイクオリティな映像を撮影できるプラン、ロケーションフォト×ガーデンウェディングのプランなど、新郎新婦様の想いにお応えできるよう、様々なプランを今後さらに拡大していく予定です。

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

「スマ婚」が少人数結婚式の新プランを提供開始のリリースについて考察

と、上記のような新プランの提供を開始します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

新プランの概要と目的

もともと少人数(家族だけ?)のプランを提供していたような気がするのですが、また新たにプランの提供を開始したようです。ポイントは

  • 少人数挙式&お土産
  • 少人数挙式&セレブレーションアワー
  • ガーデンウェディング

この3つ。背景は少人数挙式や開放的な空間のニーズ増加でそれに対応することだと思うので、ニーズに応えるという観点が強く盛り込まれたプランになっていますね。

あとリリースの内容と直接は関係ないですが、単純に「フォトウェディング「studio LUMINOUS」における撮影組数が2019年度の511件→2020年度1,651件と大幅に増加」これがすごい。

少人数結婚式のありかたとは?

この1年で少人数結婚式のプランや提供サービスが格段に増えましたよね。プロデュース会社はもちろん、結婚式場でも少人数プランに力を入れている会社の方が今は多い気がします。

2年前までの少人数プランでは一般的な挙式披露宴をそのまま小さくしたような内容のものが多かったですが、この最近の少人数ウェディングのニーズはもっと細分化していると思います。場所、コンテンツ、進行、雰囲気、装飾、オンライン配信、など。

これは少人数での結婚式を希望する人の背景が多様化していることに起因していますが、ただ小さくしたプランを作ればいいというわけではなく、式場やプロデュースの独自性を出すこと、ユーザーのニーズに応えられる内容であること、この重要度が高くなっていくでしょう。

 

「スマ婚」が少人数結婚式の新プランを提供開始のリリースについてまとめ

スマ婚は様々なプランがありますが、サイトへの集客とサイト上での導線がうまく作れると強くなっていきそうですね。

この記事を書いた人

市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル3.0を実現する」をミッションに掲げ、ブライダル事業者向けマーケ支援、ブライダル特化の人材紹介、Leju(フリープランナープラットフォーム)を運営しています。マーケティング、事業企画が得意。

CATEGORY同じカテゴリーの記事