更新日 2021年06月21日

【プレスリリース考察】TORIIEAが動画メディアをリリース

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、6/15に出た「「こんな結婚式がしたい!」が見つかるインスピレーション動画マガジン「kokomari(ココマリ)」を2021年6月15日にリリース。プレ花嫁に役立つ動画やアイディア情報を発信します。」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社TORIIEA
配信日時 2021年6月15日 10時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000081138.html
タイトル 「こんな結婚式がしたい!」が見つかるインスピレーション動画マガジン「kokomari(ココマリ)」を2021年6月15日にリリース。プレ花嫁に役立つ動画やアイディア情報を発信します。

株式会社TORIIEAは、結婚式を控えたカップルに向けて結婚式にまつわる情報を動画で伝える「kokomari(ココマリ)」を2021年6月15日にリリースいたします。「こんな結婚式がしたい!」を見つけるために。結婚式の日を、私史上一番きれいな一日にするために。みんなの笑顔が絶えない時間にするために。結婚準備に役立つ動画やアイデア情報を発信していきます。

  • 花嫁のための「リアル」動画メディア

kokomari(ココマリ)は結婚が決まったすべての人に向けて結婚式準備に役立つTips、アイデア、トレンドを「実例」で紹介する「花嫁のリアル」メディアです。
結婚しようと思っているカップルが知りたいノウハウ、現地で見たいこと、試したいことの動画、結婚式準備に役に立つTips、アイデア、トレンドを発信します。

花嫁の悩みをプロと専門家が解決
初めてだらけの結婚式準備の悩みを「プロ視点」×「花嫁視点」×「専門家の知識」による課題解決型の動画や記事を発信します。
すぐに役立つ情報が知りたい、今のトレンドで自分に合ったものを見たい・知りたい、悩んでいるのは自分だけじゃないと安心したいといった悩みを、今日から使えるハウツートレンドの動画を見たり、記事を読んだりすることで疑似体験をし、結婚式当日を最高の笑顔で迎えられる準備ができるコンテンツを提供します。

  • ​[記事事例] 自分に似合うドレスがわからない、目移りして決められない・・・といった花嫁さんに向けて、プロのイメージコンサルタントがドレスの選び方をレクチャーします。カラー診断・顔タイプという理論に基づき、似合うドレスへと論理的導きます。
  • 動画事例:ブライダルメイクの悩みをプロのメイクアップアーティストが徹底解説。普段のメイクとは違うからこそ、準備しておきたいことや抑えておきたいポイント、ブライダルメイクのトレンドを発信。
  • KoKomari(ココマリ)公式ページ

「寄り添う」気持ちをカタチにする特別な日はもちろん、何気ない毎日も「幸せ」ということを実感できるような「想いをカタチに」をミッションにブライダル業界初の「動画 × マーケティング × 専門性」を打ち出した花嫁ファーストのメディアを目指し、運営しています。

・公式ページ:http://kokomari.jp
・YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCmJFEC_uSXYfqKbLWp06qPA
・Instagram: https://www.instagram.com/ko_ko_mari/

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

TORIIEAが動画メディアをリリースについて考察

と、上記のようなキャンペーンを実施します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

動画メディアの概要と目的

結婚式にまつわる実例を動画で紹介するメディアで、すでにYoutubeチャンネルでは登録者数3800人ほどいます。具体的なマネタイズをどこでしているのかはわからないですが、統一感のある動画編集とプレ花にとって気になる内容を伝えているコンテンツが豊富にそろっています。

メディアの方で掲載しているコンテンツ数はまだ少ないですが、これから力を入れていくんじゃないかなと思います。

結婚式場選びへの動画活用

結婚式場でもYoutubeチャンネルを運営する会場が増えているなど、動画を取り入れようとする事業者は増えてきていますし、Youtubeの世代別利用率を見ると、10代~20代は約8割と高いのでアプローチチャネルの1つとして考えるのは当然と言えるでしょう。

一方、結婚式場をYoutubeで探すという価値観がまだできているとは言えないので、

  • Youtubeを見ていたら面白いチャンネルを見つけたら結婚式場のチャンネルだった
  • 他のメディアを見ていたらYoutubeチャンネルもやっていることを知ってみてみたら面白かった

この2つのいずれかの方法でコンテンツを見つけてもらい、そこでエンゲージメントを高める、という流れになることが今は多いのかなと思います。Youtubeの中でハックしてYoutuber並に視聴回数を稼ぐというのは至難の業でしょう。

今後動画にも力を入れる式場が増えると、今は動画がある式場とない式場の比較となった場合にある方が親近感がわきやすいというのがありますが、その次は動画のクオリティやコンテンツの企画で差がつく時代に早いうちになっていきそうです。

 

TORIIEAが動画メディアをリリースについてまとめ

動画メディアは面白そうだなと期待する一方、クオリティを維持しつつマネタイズするとなると大変そうだなと思うので、どのように今後事業を進めていくのか気になるところです。

この記事を書いた人

市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル3.0を実現する」をミッションに掲げ、ブライダル事業者向けマーケ支援、ブライダル特化の人材紹介、Leju(フリープランナープラットフォーム)を運営しています。マーケティング、事業企画が得意。

CATEGORY同じカテゴリーの記事