更新日 2021年03月05日

【プレスリリース考察】オリジナルライフが「ウェディングニュース静岡」をリリース

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、2/25に出た「静岡花嫁必見!インスタNo.1のウェディングニュースが、静岡県の結婚式場掲載数No.1*の「ウェディングニュース静岡」を正式リリース。自分たちにぴったりの結婚式場との出会いをサポートします。」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 オリジナルライフ株式会社
配信日時 2021年2月25日 18時25分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000017300.html
タイトル 静岡花嫁必見!インスタNo.1のウェディングニュースが、静岡県の結婚式場掲載数No.1*の「ウェディングニュース静岡」を正式リリース。自分たちにぴったりの結婚式場との出会いをサポートします。

デジタルネイティブ世代向け結婚準備のポータルサービス「ウェディングニュース」を運営するオリジナルライフ株式会社は、静岡県に特化した結婚式場検索サービス「ウェディングニュース静岡」を21年2月25日に正式リリース致します。

また、コロナ禍でも、結婚式を安心して結婚式を挙げられるように「ウェディングニュース安心補償」を提供。今なら最大500万円までのキャンセル保険を無料でプレゼント。通常は、事前に確認できない新型コロナウィルス関係の延期/キャンセル規定も事前にご案内可能です。

《ウェディングニュース静岡とは?》

背景

公益社団法人日本ブライダル文化振興協会の調査で、新型コロナウィルスの影響で、20年度はブライダル産業全体で、昨対60%、市場規模にして8500億円分の影響がありました。その結果、実は結婚式場を探している一般の花嫁にも大きな影響がありました。多くの結婚式場で結婚情報メディアへの広告出稿の停止が相次いでいます。結婚情報メディアは広告費用をもらうことで情報を掲載しているため、静岡県で、結婚情報メディアで結婚式場を探した場合、これまでよりも出会うことができる結婚式場が大幅に減ってしまっているということが起こっています。

そこで「ウェディングニュース静岡」では、掲載料や情報発信費用を完全0円とすることで(別途成果報酬型の掲載メニューが存在)多くの結婚式場様に情報提供をいただき、花嫁さんの式場探しをお手伝いしたいと考えました。静岡県では2月25日現在、結婚式の実施が可能な結婚式場は101会場なのですが、そのうちの78の結婚式場様に掲載いただいております。(残りの約20会場は、口コミや基本情報などインターネット上で見つかる情報を一箇所に整理して掲載しております)

新型コロナウィルスの影響によって、結婚式の多様化がすすみ、フォトウェディングやキャンプ上でのアウトドアウェディングなどバリエーションも増えてきました。意欲ある個人のウェディングプランナーさんの独立事例もでてきています。”静岡の花嫁さんが自分たちらしい結婚式を実現できる”ことを目指して、事業運営して参ります。

ウェディングニュース静岡
https://www.weddingnews.jp/t/shizuoka

【特徴1】 静岡の式場掲載数No.1

静岡県には2月25日時点で結婚式が実施できる会場が、弊社調べで101会場存在しています。(過去分も含めると150件近い会場がWEBで調べても見つかりますが、それらの会場はすでに廃業や休止をしている会場になります。)そのうち78会場が、弊社が直接やりとりをして、公式の写真や情報をご提供いただいている会場になります。もちろん、ただ掲載数が多いだけで、理想の会場と出会えるわけではないのですが、そもそも掲載されていないと理想の会場との出会いを見逃す可能性が高まるため、ウェディングニュースでは情報掲載数を重視しています。

【特徴2】 デジタルネイティブ世代が、自分にぴったりの会場と出会えるコンテンツ

「おうちで式場見学」

コロナ禍で、積極的にブライダルフェアにいけない花嫁さんのために、家にいながら式場見学できるようなLIVE配信を行っています。各会場のページからアーカイブも閲覧可能です。

インスタライブでは、式場内をプランナーさんにご案内頂きながらその場で質問もできます。ウェディングニュース編集部のスタッフが花嫁さんの代わりに知りたいことを質問していきます。高砂からの視点や、親族控室、導線など、実際の見学のときに見落としがちなことも注意深く聞いていきます。インスタライブで式場見学を行うことで、その会場で結婚式をあげた卒花さんが、コメントしてくれることも多く、リアルな感想を知ることができます。実際に「おうちで式場見学」がきっかけで式場を決定した方もいらっしゃいます。

静岡県の「結婚スタイル特集」

ウェディングニュースは16年の創業以来、LINEで花嫁さんの悩みに寄り添ってサポートをしてきたのですが、理想の結婚式と言われても、何もわからない、どんな結婚式がいいのか全然検討がつかない、という方がとても多くいらっしゃいました。まず最初に、静岡県でどんな結婚式ができるのか具体的なイメージをもってもらうことが、お二人の「好き」をきっかけにした理想の結婚式のヒントを見つけてもらうことにつながります。結婚式で自分の理想ややりたいことを叶えるために、お二人の「好き」な結婚スタイルを見つけるところからお手伝いをさせていただきます。

本当の料金がわかる「最終見積もりMAP」

結婚式はオーダーメイドということもあってとても不明瞭で、初期見積もりから100万円値上がりしてしまったという方も少なくありません。先輩花嫁の実際の最終見積もりを出席人数別に分類して、最終のお見積もりデータにアクセスしやすいMAPをつくっています。各会場での最終的な価格の実績がわかります。

気になる会場の「リアル」がわかる花嫁レポート

ウェディングニュース静岡には現在200名組以上の、実際の結婚式のリアルレポートが公開されています。これらのレポートは花嫁様自ら作成されたとても想いのこもったレポートです。コロナ禍で、工夫をこらして安全な結婚式を実践された方の生の声を読むことができます。1組平均100枚以上のリアルな結婚式の写真にくわえ、『こだわったこと』や『会場の決め手』はもちろん、なかなか聞くことができない『後悔したこと』や『諦めたこと』なども、後輩花嫁のことを想って詳しく記載されています。ぜひ今後静岡で結婚式をあげるかたは読んでみてください。

その他、デジタルネイティブ世代が自分にぴったりな会場と出会いやすくなるコンテンツを展開しています。

【特徴3】 会員登録すればプロの専属アドバイザーがついて準備期間中なんでも相談できます!

ウェディングニュース静岡にLINEで会員登録すると、専属のアドバイザーがつきます。
結婚式場探しに限らず「コロナだけどどうやって開催したらいいの?」「遠方の人のご祝儀は?」「旦那が準備に協力してくれない」などの悩み事にもプロの視点で寄り添います。

今なら最大500万円までの補償をプレゼント

さらに、今なら最大500万円までの補償を無料でプレゼント。

新型コロナウィルス陽性での自宅待機にくわえ、この数年毎年おこる大型台風での直前キャンセル、ドレスや会場インテリアの破損などのリスクに備えられるので、安心して結婚準備を楽しむことができます。

ウェディングニュース静岡はこちら
https://www.weddingnews.jp/t/shizuoka

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

オリジナルライフが「ウェディングニュース静岡」をリリースについて考察

と、上記のようなエリアページを公開しました、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

静岡ページ公開の概要と目的

概要についてはリリースにも詳しく書いてあるので、そちらをお読みください。これまでも他のエリアで展開していたウェディングニュースの式場紹介で静岡エリアも展開し始めましたという内容です。サイトを見る限りほとんどの都道府県の専用ページがあるので、BtoB側で新たに開始したメニューがあるのかなと思います。

これからの媒体への広告投資のしかたは変わるか?

リリース内の文中でもあるように、ウェディングニュースは固定掲載費ではなく成果報酬型のメニューのようです。これまでのブライダル媒体はエージェントからの送客を除き、ウェブ、雑誌のほとんどが月額いくらといった固定掲載費型のモデルでした。

ただ、このモデルだと集客数に寄らず広告費が固定でかかるので、集客数が少なかった場合にどうしても費用が重たくなりがたいです。そのため、ウェディングニュースのように成功報酬型の広告モデル(要するにコストの変動費化)の方が式場側のニーズは高くなっていくんじゃないかと思っています。広告費が高くなる時は相応の集客数がある状態、ですね。

 

オリジナルライフが「ウェディングニュース静岡」をリリースについてまとめ

ウェディングニュースのサイトはかなりSEOは意識して作られているように見えます。成功報酬型のメニューを提供するのであれば、法人営業力だけではなくメディアパワーも同時に高めていかないと自社の売上になりません。そのあたりのバランスを見ながら事業拡大を進めているのかなと思います。

この記事を書いた人

市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル3.0を実現する」をミッションに掲げ、ブライダル事業者向けマーケ支援、ブライダル特化の人材紹介、Leju(フリープランナープラットフォーム)を運営しています。マーケティング、事業企画が得意。

CATEGORY同じカテゴリーの記事