更新日 2021年03月17日

【プレスリリース考察】ウエディングパークがオンライン×オフラインハイブリッド型でのイベントを開催

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、3/9に出た「「Wedding Park 2100ミライケッコンシキ構想」プロジェクト 3月19日よりオンライン×オフラインハイブリッド型でのイベントを開催、本日よりリアルイベント参加予約をスタート」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社ウエディングパーク
配信日時 2021年3月9日 16時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000234.000019494.html
タイトル 「Wedding Park 2100ミライケッコンシキ構想」プロジェクト 3月19日よりオンライン×オフラインハイブリッド型でのイベントを開催、本日よりリアルイベント参加予約をスタート

株式会社ウエディングパークは、「結婚の幸せへ、まっすぐに進めるデジタルを。」という中期ビジョンのもと「祝う、分かち合う、感動する」未来の結婚式を体験する。をテーマに、これから結婚するおふたりのための新プロジェクト「Wedding Park 2100 ミライケッコンシキ構想」)を1月28日に始動、3月19日(金)より港区白金台にある新施設ポップアップ型ショールーム「MuSuBu(ムスブ)」にて、オンライン・オフラインという新しい形のイベントを開催いたします。本日、リアルイベント(オフライン)の参加予約をスタートいたしました。
■「Wedding Park 2100」イベント概要
日時:2021年3月19日(金)~21日(日)11時~18時
※開催日時は変更になる場合がございます

場所:新施設ポップアップ型ショールーム「MuSuBu」
東京都港区白金台4-9-19 HAPPO-EN URBAN SQUARE 1階&2階

新型コロナウイルス感染予防対策により、リアルイベントへの参加は「完全予約制」とさせていただいております。参加希望の方は、下記URLよりお申し込みをお願いします。

お申込みURL:https://weddingpark2100event.peatix.com

※本イベントはオンライン開催として、2021年3月20日(土)11時より、スペシャルサイト(https://2100.weddingpark.net/)にてバーチャルツアーをご利用いただけます。バーチャルツアーのご利用は予約不要です。

■イベントテーマ及びプログラム
イベントのテーマはコロナ禍の先にある結婚式を描いた「2100年の結婚式」。
過去から現在までの結婚式のトレンドをたどりながら、結婚式の未来を体験いただきます。

会場1階に設置された「イマ」エリアでは、80年前から現代までの結婚式の歴史を紐解きながら、今まさに結婚式をお考えのおふたりに役立つ最新の結婚式事例や、ツールを一度にご覧いただけます。

会場2階に設置された「ミライ」エリアでは、お笑い芸人・作家の又吉直樹さん、 穂村弘さん、長井短さんなど、様々なジャンルで活躍する14名のクリエイターによる「2100年の結婚式」をテーマにした新しい作品を発表いたします。

【発表予定作品】
〇又吉直樹さん

2100年の結婚式をテーマにしたショートストーリーの書き下ろし
〇UMIMAE BROTHERS/髙橋昌之建築設計事務所+ハラヒロカズアトリエ/八芳園
2100年の結婚式をテーマにしたドレス・空間・食事
〇穂村弘さん/清水文太さん/三浦哲哉さん/長井短さん/ヤスダユミコさん
2100年の「祝う・誓う・食べる・飾る・守る」をテーマにしたエッセイ
〇矢野恵司さん/POOLさん/ほりはたまおさん/小林一毅さん/坂内拓さん
2100年の「祝う・誓う・食べる・飾る・守る」をテーマにしたイラスト

【1階】過去から続く歴史の中で結婚式の現在地を解き明かす「イマ」エリア(監修:日本ブライダルスペシャリスト協会代表 婚礼文化研究家 鈴木一彌)

【2階】遠く80年後を想像する「ミライ」エリア

※展示協力企業(50音順表記)
株式会社エスクリ/株式会社CRAZY/株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ/株式会社ディアーズ・ブレイン/株式会社八芳園/株式会社ひらまつ/マイプリント株式会社/株式会社ユミカツラインターナショナル/ワタベウェディング株式会社
<イベント参加についての注意事項>
※感染対策を十分に実施した上で、イベントを開催いたします。
※マスク着用の上でのご来場をお願いいたします。万が一、マスクを着用いただけない場合は、入場をお断りさせていただきます。予めご了承くださいませ。
※受付にて検温をさせていただきます。同時に手指の消毒もお願いいたします。
※会場内での飲食はご遠慮ください。
※会場内でのトイレのお貸出しを停止しております。
※混雑状況によっては、入場制限を行う場合がございます。
※新型コロナウイルス拡大の影響に伴い、イベントを中止・変更させていただく場合がございます。
※イベント情報に関しては「Wedding Park 2100」スペシャルサイト イベントページ
https://2100.weddingpark.net/mirai/event/204/
にて最新情報をご確認の上、お越しくださいませ。ご理解とご協力のほど宜しくお願いいたします。
皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

■「Wedding Park 2100」プロジェクトについて
2020年、想像もしていなかったことが起きました。新型コロナウイルスという未知のウイルスによって、通勤や通学、外食、旅行など、今まで不自由なくできていたこと、「当たり前」が「当たり前」ではなくなりました。「ニューノーマル(新しい生活様式)」という言葉が一般化し、生活は大きく変化。オンライン化が急速に進み、リモートワークやデリバリーサービスなどが定着し、外出する必要性も低くなりました。ウエディング業界においても、オンライン式場見学、結婚式のLIVE配信、自宅で挙げる結婚式など、新しいスタイルが誕生しています。

そして今、改めて、結婚式の在り方・意味が再定義されていると感じています。

結婚式を挙げたいと願うおふたりのために。
今を乗り越えた将来、より幸せな結婚、結婚式を創り出していくために。
結婚や結婚式の本当の価値を見つめ直し、
これからの時代に本当に必要な結婚式の在り方を考える機会を創出していきたいと「Wedding Park 2100」プロジェクトを立ち上げることにしました。

イマとミライに軸を置き、夢と希望に満ちた結婚・結婚式の姿を皆さんと共に見つけていきたいと願っています。

【Wedding Park 2100 ステートメント】

結婚式を叶えるために、
人生の大切な瞬間を分かち合うために、
考え、トライし、
さまざまなカタチで、さまざまな人たちが
次へ行こうとしている「イマ」。

時間や、距離や、場所や、性別や、
そしてウイルスのような予期せぬ何か…。
どんなものにも、決してつまずくことがなく、
ただ、まっすぐに叶えたい結婚式がある「ミライ」。

イマと、ミライをいったり、きたり。
同時に体験しながら、
結婚式の、結婚の意味を考えてみる。

Wedding Park 2100は、
結婚・結婚式のイマを知り、ミライを創り体験していくプロジェクトです。

スペシャルサイトURL:https://2100.weddingpark.net/

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

ウエディングパークがオンライン×オフラインハイブリッド型でのイベントを開催のリリースについて考察

と、上記のようなイベントを開催します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

イベントの概要と目的

イベント概要はリリース内でも詳しく書かれているので、そちらをご覧ください。一般的によくある式場への送客を目的にしたイベントではなく、これからの未来の結婚式についての展示と顧客への啓蒙といったところが主目的なんだろうなと思います。これって媒体が主催するイベントだとかなり珍しいと思いますね。

媒体の取り組みは変わるのか?

今回のようなイベント開催もそうですが、この1年で媒体各社が取り組んでいることもかなり変わってきているように思います。

これまでの主な施策はメディア力の強化による式場送客機能の強化がほとんどでしたが、

  • 式場がオンライン接客に使えるツールの開発や提供
  • 結婚式の啓蒙を目的としたイベントの開催
  • 式場と共同での宣言

など、直接的な送客を目的としているわけではない取り組みにもかなり力を入れてきているな、と。

もちろん媒体間のシェア獲得競争はありますし各社の業績面の背景もあるものの、このように顧客の奪い合いだけではなく業界全体にプラスの影響を与えるような取り組みが今後も増えていくといいなと思います。

 

ウエディングパークがオンライン×オフラインハイブリッド型でのイベントを開催のリリースについてまとめ

過去に見たことがない内容のイベントなのでどんな感じになるのかはわからないですが、またレポートとか出たら読んでみたいなと思います。

この記事を書いた人

市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル3.0を実現する」をミッションに掲げ、ブライダル事業者向けマーケ支援、ブライダル特化の人材紹介、Leju(フリープランナープラットフォーム)を運営しています。マーケティング、事業企画が得意。

CATEGORY同じカテゴリーの記事