更新日 2021年03月28日

【プレスリリース考察】ウエディングパークがサイトコンセプトを刷新

ブライダル業界で出たプレスリリースについて、概要と考察をまとめてみよう、という趣旨の記事です。今回は、3/18に出た「結婚準備クチコミ情報サイト「Wedding Park」一人ひとりが自分に合う結婚式を見つけ、カタチにできるサイトへ。結婚式の多様化に合わせ、サイトコンセプトを刷新」のリリースについて、内容の紹介と考察をまとめました。

プレスリリースの概要

発信者 株式会社ウエディングパーク
配信日時 2021年3月18日 11時00分
URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000238.000019494.html
タイトル 結婚準備クチコミ情報サイト「Wedding Park」一人ひとりが自分に合う結婚式を見つけ、カタチにできるサイトへ。結婚式の多様化に合わせ、サイトコンセプトを刷新

株式会社ウエディングパークは、「結婚の幸せへ、まっすぐに進めるデジタルを。」という中期ビジョンのもと、結婚式に対するニーズの変化や多様化に合わせ、結婚準備クチコミ情報サイト「Wedding Park」のサイトコンセプトを2021年4月より「自分に合う結婚式の見つけ方。クチコミサイト Wedding Park」に刷新し、順次サイトデザインや機能のリニューアルを進めてまいります。

■サイトコンセプト

「自分に合う結婚式の見つけ方。クチコミサイト Wedding Park」

式場選びから、準備まで。
結婚式までのぜんぶを、自分にあったカタチにしていく。

「こうしたい」「それはイヤ」「ここがわからない」……。
やりたいことに、まっすぐに進めて、
楽しいことをたくさん増やして、
自分の人生で一番幸せ!と思える時間を実感しよう。

自分にあった結婚式、
自分にしかつくれない結婚式を見つけませんか。

■変更の背景と目的

ウエディングパークは2020年10月、企業としての新しい中期ビジョン「結婚の幸せへ、まっすぐに進めるデジタルを。」を策定し、デジタル技術を活用したウエディング業界の課題解決支援に、まい進しております。今回、この新たな中期ビジョンと、結婚式に対するニーズの変化や多様化に合わせ、Wedding Parkサイトのコンセプトを刷新することといたしました。

2014年にサイトコンセプトを「式場探しの決め手が見つかるクチコミサイト」と策定してから6年が経ち、結婚式に対するカップルの考え方やニーズには「自分たちらしさ」がより求められるようになり、独自の世界観が重視された結婚式が増えています。そのような変化に対応し、これまでWedding Parkサイトでも、結婚式場のクチコミのほか、結婚式準備レポート「ハナレポ」や、結婚を迎えるカップル向けWebマガジン「Wedding Park Magazine」など、コンテンツの拡充を行ってまいりました。

コロナ禍で結婚式の在り方や意味が再定義されている今、「結婚式の意義や価値を、さらに広く、そしてそれぞれに合わせて伝えていきたい」、「理想の結婚式を挙げられる方を増やしたい」という想いから、今後は、結婚式場の比較・決定だけではなく、式場選びから準備まで、カップル一人ひとりが自分に合う結婚式を見つけ、カタチにできるサイトへと変化させてまいります。

■今後の取り組み

サイトコンセプトに基づき、2021年4月以降、Wedding Parkサイトのグランドトップページのデザイン変更のほか、順次サイトの改修、機能やページの追加など、新コンセプトを体現するコンテンツの拡充を予定しております。

また、2021年3月19日(金)~2021年3月21日(日)で開催するイベント「Wedding Park 2100 -ミライケッコンシキ構想- 」にて、当コンセプトに関する展示を公開いたします。参加希望の方は、下記URLよりお申し込みをお願いします。

お申込みURL:https://weddingpark2100event.peatix.com

※新型コロナウイルス感染予防対策により、リアルイベントへの参加は「完全予約制」とさせていただいております。

—ここまでリリースから抜粋—

会社概要については、詳しくはリリースをご覧ください。

 

ウエディングパークがサイトコンセプトを刷新のリリースについて考察

と、上記のようにサイトコンセプトを一新します、というリリースですね。では、このリリースからどんなことが考えられるのか、まとめてみます。

コンセプト変更の概要と目的

具体的なサイト機能やデザインイメージなどはリリースでは書かれていなかったものの、多様化する結婚式に対するニーズの多様化に合わせた変更を加えていくようです。考えられるところだと

  • プロデュースやなどフォトウェディングなど掲載事業者の拡充
  • 口コミや基本情報にとどまらないサイト掲載コンテンツの拡充
  • ユーザーとのコミュニケーションなどの機能の拡充

このあたりでしょうか。目的はこれから変わっていく(であろう)ウェディング業界に対して適応していくためだと思います。当たり前ですが…。

媒体のビジネスモデルは変わるのか?

先にも書いたようにサイトのデザインを変更するだけなのか、機能変更までするのか、はたまたビジネスモデルまで変えていくのか、どの範囲でのコンセプト刷新なのかはわからないですが、「結婚式場から広告費をもらう」というモデルが前提となっているなら、式場に不利になる変更はできないので、ドラスティックな変更は難しいと思います。

一方、もしビジネスモデルレベルで変えていくのであれば、ユーザー課金しか私は思いつかないので、そうなると事業規模の維持が難しい。どっちつかずになるんですよね。ちなみにこれはウエディングパークに限らず、他の主要ブライダル媒体でも同じだと思います。

なので、今回の刷新でビジネスモデルレベルでの革命を期待してます。難しいとは思うけどね。

 

ウエディングパークがサイトコンセプトを刷新のリリースについてまとめ

先日のリアルのイベントでもそうですが、他の媒体とはちょっと違う路線で攻めてますよね。直接的な送客数アップに軸足を置いていないというか。今後のリリースもまた追っていきたいですね。

この記事を書いた人

市川 貴之

株式会社アナロジー代表。「ブライダル3.0を実現する」をミッションに掲げ、ブライダル事業者向けマーケ支援、ブライダル特化の人材紹介、Leju(フリープランナープラットフォーム)を運営しています。マーケティング、事業企画が得意。

CATEGORY同じカテゴリーの記事